ニュース

CMに100億円かけているとメガネ業界でも話題の
ハズキルーペですが、オーダーメイド老眼鏡との違いってなんなのでしょうか?

ハズキルーペ=小さくて見えにくい文字を拡大する事が目的の両手が使えるルーペ。

ハズキルーペはルーペという名の通り、拡大鏡です。
対象の小さい文字を大きくする=拡大してくれる効果があります 。

ですが、矯正機能という意味でのピント合わせはしてくれません。

文字は大きくなりますが矯正されてないので、
ご自身が感じる文字のボヤケなどは残ったままです。

一方、オーダーメイド老眼鏡は、 矯正する(=目の調節機能を助ける)ことで、
小さくて見えにくい文字に焦点を合わせる事が出来るようにする目的で作られたメガネ。
つまり手元の使用目的距離に応じて焦点=ピントが合う様に作られている専用メガネです。

なのでこれが、ご自身の見え方に合わせて作られた、きちんとしたものであれば、
補正効果により文字のボヤケを解消しますから 漢字ならば”へん”や”作り”や”部首”など、
細部まできちんと見えるようになります。

ですが、ルーペの様に拡大はしてくれません、文字の詳細がハッキリしますが、
必要以上に大きく見える事はありません。(※調製すれば別です)

いかがでしょう、ハズキルーペとオーダーメイド老眼鏡の違いがお分かり頂けたでしょうか?

両方とも手元の小さい文字を見るのにはとても便利なツール(道具)です。
それぞれの特徴を知り、ご自分の見え方のニーズに合わせて使いこなせば、
抜群の効果を発揮するのは間違いありません。

ハズキルーペの失敗の少ない購入方法

CMで有名になったハズキルーペは、今や、 ネット通販店や
電気店でも購入できるようになりました。
ですが、先述の通り老眼鏡とハズキルーペは仕様が異なる為、使い方が違うのです。

それを踏まえた上で、”あなたの見たいに合う方法に基づいた購入をしないと、

  「せっかく見えると思って買ったのに…

という事に成りかねません。

見え方には共有できない個人差があるのです。

失敗しない為にはハズキルーペだけで、ご自分の用途や、
目的に合った見え方になるかどうか?がカギです。

あなたの見え方を理解し、
きちんと説明してくれて、
アドバイスやアフターケアもしてくれる、
メガネ専門店での購入が安心できると思います。

 

コメントは利用できません。