認定眼鏡士とは?

certified_optician

消費者の方が安心してメガネを購入できる目安としての制度

公益社団法人の日本眼鏡技術者協会に属する、
「認定眼鏡士」はメガネ関連では唯一の、

内閣総理大臣認定の公益団体に属する技術者なのです。

またお店に在籍している事で消費者の方が、
安心してメガネを購入できる、
目安としての制度でもあります。

メガネは、単によく見える、お洒落だけではなく、
使用し続けても疲れず快適・‥など様々な条件が、
備わってこそのモノ。

あなたの大事なeye-lifeを守ってくれる、
唯一無二のツールとなります。

それだけに適切な視力測定、使用目的はもちろん、

    • レンズ選定
    • フレーム選び
    • フイッティング調整
    • レンズレイアウト

etc

など専門的で複雑な技術が必要となるのですが、
お店の外観や、メガネ販売者の見た目だけでは、
判断はできません。

そこで、一般の方々にわかりやすくした制度が、
公益社団法人の日本眼鏡技術者協会による、
「認定眼鏡士制度」なのです。


認定眼鏡士の標準等級(SS級)の資格を取るためには、

  1. 3年制以上の眼鏡学校卒業生で、眼鏡学校の行うSS級認定試験に合格した者。(4年制通信課程修了者を含む)
  2. (公社)日本眼鏡技術者協会が行うSS級認定眼鏡士試験に合格した者
  3. S級取得後、本ガイドラインの定めるSS級への進級条件を満たした者、又は(公社)日本眼鏡技術者協会が行うSS級認定眼鏡士試験に合格した者



この内、何れかの条件を満たさなければなりません、
受験資格を得る為には所定年数の眼鏡実務経験が必要となります。


つまり、


1年やそこらメガネ店で勤務しても、
受験資格すら得られない制度なのです。


しかも、


認定眼鏡士の資格有効期間は3年間のみ。
資格維持のためには生涯にわたって、
教育受講の回数が定められており、


規定回数を満たさなかった場合は、
資格を喪失する事が決められています。


ですから、


お店に、認定眼鏡士が在籍しているかどうかで、
きちんとしたメガネができるか否か、
消費者の方が判断出来る目安になる訳です。


あなたの大事なメガネを作る際には是非、
お店に認定眼鏡士が在籍しているかどうかを、
確認されるのをお勧めします。

PAGE TOP