コンセプト - 山口市大内千坊(山口県)のメガネ店 | メガネのふくだ

コンセプト

メガネのふくだ では、 視力測定・加工・フィッテイング調整、という、 メガネの全工程を認定眼鏡士である店主が、 責任をもって行っております。

メガネはモノの見え方を補ってくれるアイテム(ツール)です。 また、当たり前ですが、どこで作っても同じという訳ではありません。 子供も大人も、個人個人、見え方の基準は、人それぞれ違います、 ご自身の”見えている感覚”が基準なのです。 そうした、ご自分の見え方に本当に合う、満足できるメガネは、作り手側がお客様の見え方を理解しないとできません、それには、お客様とのコミュニケーションが必要不可欠なのです。 当店では店主自らが接客しアドバイスさせて頂きます、視力測定の後、レンズを紹介。フレームを選んで頂きます。その後、お客様が選ばれたレンズとフレームの相性を見ながら最適なかけ心地になる様、考えます。例えばレンズの厚みを薄くする為に、どのように加工すればレンズの収まりがBestになるのか?アイポイントとレンズの中心は合っているか?など複数の工程をチェックしながら仕上げ、お渡し時に、視え具合に間違いはないか?掛け具合は良いか?などの最終調整までを責任をもって(当たり前ですが)決して手を抜かずに行っております。

「最新のメガネ技術&素材が反映された、 日本人の顔の形状に合う、メイドインジャパンの、フレームを一本一本、厳選して仕入れています」

フレームは顔の一部です。あなたの代名詞になるのです、だからこだわりましょう。 メガネのフィッティング(掛け具合調整)の基本はフレームが”鼻”と”耳”にあたる部分。この両方の、かかり具合や当たり方、バランスが保たれて初めて正確な視力補正ができるのです。 人の顔の形状は千差万別、基本的に左右非対称です。 眉毛の位置や耳の高さ、目の位置などが右と左でそれぞれ違っていたりします。 その為、顔に直接フレームがあたる”パッド(鼻)”と”テンプル・先セル(耳)”といった部位が調整が出来なければ視力補正の為のツールとしての効果が十分発揮出来なくなります。 いくら流行ブランドだから、デザインがお洒落だからといっても、この基本が出来ていなければ当店では仕入れません。そして、万が一、フレームが破損したりしても修理対応ができる、安全安心の日本製のメガネをご用意しております。 是非、当店の選りすぐりのフレーム中から、ご自身に合う究極の逸品を見つけて下さい。

最先端技術を応用したメガネレンズを多数、 ご用意しております。あなたの視力を引き出す為の、 最適なレンズを選んで頂けます。

視えることを楽にしてくれるメガネはレンズが命。 レンズを選ばれる際、ご年配の方がよくこうおっしゃいます、 「昔から“一眼二足”とよく言うくらいに目は大事ですよね、、だからレンズは良いものをお願いします。」と。 一眼二足は剣道の世界で用いられる言葉“一眼二足三胆四力”から来ていると思われます。 剣道(武道)で用いる本来の意味とは違うかもしれませんが“視ることは一番大事”ということに関して同じという意味で正しいと思います。 当店のメガネレンズ”おススメ”ラインナップには、カメラで有名なNikonをはじめ、HOYA、東海光学、日本レンズ、など幅広い取り扱いがございます。この中から、その都度、ご要望に応じたeyeパーフォーマンスが展開できるレンズをご案内致しております。

高品質な見え方を体感できます

メガネレンズはその方のライフスタイルや目的によって選ぶ必要があります。例えば遠近両用、中近、近用ワイド、疲れ目サポート、etc…と様々です、どんなレンズがご自身にとって最適なのか、当店ではトライアルレンズをご用意しておりますので、実際に見え方を体感して頂くことができます。レンズが織りなす視空間を体験する事で出来上がりのメガネの見え方をイメージし易く、よりスムーズにかけこなす事が出来るようになるのです。

メガネのふくだのサービスについて

視力測定

ご自身の感じている見え方の不満をお伺いした後、楽にモノを見続ける事が出来るようになる為に必要なテストを行います。

認定眼鏡士について

メガネのプロである認定眼鏡士についての詳細です

レンズの調整・加工

QOV(クォリテイ・オブ・ビジョン)を上げるためのレンズ加工と調整について 最新の技術を用いたフレームの形状に合わせたレンズメーカー対応の、 オーダーメイドメガネレンズ(=玉型加工)を取り扱っております。 ※玉型加工=ipadのアプリケーションを用いてお客様がフレームを掛けられた時の、 眼の中心を正確に計測するなど、得られた数多くのデータを基に、度数に応じて、レンズを最適な薄さや形状に仕上げる加工システム

フレームの調整

メガネフレームのフィッティング(掛け具合)がきちんと合わないと、 レンズの中心がアイポイント=(目の中心)から外れるのでパフォーマンスが上がりません、 左右非対称である人の顔の形状にマッチするように、クリンクス(=鼻を支える位置)や、 鼻パット(=鼻に直接あたる部分)の調整、耳に掛かるかかり具合の調整などを丁寧に行います。 ※メガネは基本的に鼻と耳の二か所で支えています、このポイントが合っていないとズレを生じます。

補聴器の販売

オーダーメイド補聴器他、取り扱い補聴器と上手な使い方

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 正しい子供のメガネって?正しい子供のメガネって? メガネで子供の視力を適切に引き出すためには、 脳の視覚野に情報を届けるために必要な度数 条件に適合したレンズ 条件に適合したフレーム フレームを掛けた時に目の中心にきちんと適応するように加工されたメガネ 角膜との必要な距離が保たれている これらが備わっている事が必要です。 プラス メガネの掛け具合が常に一定であることがベストです。 掛け具合があっていないと視力を引 […]
  • 子供用スポーツメガネおすすめはコレ!子供用スポーツメガネおすすめはコレ! 子供用スポーツメガネのおススメフレーム ゴーグルタイプのモノは嫌だというお子さん向けに、 new […]
  • 白内障術後のメガネとレンズ白内障術後のメガネとレンズ 白内障術後のメガネ 白内障を手術された後、それまで使っていたメガネは殆どの場合、 術前と裸眼視力が変わることで度数が合わなくなり見えなくなります。。 人それぞれ個人差があるようですが、術後、おおむね2~3ヶ月は視力は落ち着きません。 白内障術後のメガネを作る場合には、少なくとも3ヶ月程経って裸眼視力が安定し […]
  • 子供のスポーツ用メガネ子供のスポーツ用メガネ 子供さんの場合、 成長期はコンタクトレンズ装用が適切ではない、 (=使用できない年齢と言い換えても過言ではないと思います)ので、 スポーツをするのに視力補正が必要となると、 おのずとメガネを選ぶことになります。 見え方を重視する必要性 野球やサッカー、テニスなど、 スポーツ競技をする上で大事なのが ”見え方”=視界+視 […]
  • メガネのふくだの新型コロナ対策メガネのふくだの新型コロナ対策 いつも”メガネのふくだ”をご利用頂き有難うございます。 ご来店頂くお客様に、安心してご利用頂く為、当店の対応をお知らせ致します。 メガネのふくだの新型コロナ対策その1 店舗内の衛生管理について 日本政府から発表された 「新型コロナウィルス感染症対策の基本方針」厚生労働省HP に基づき、対策を実施しております。 具体的には ・ご来店の際、ご利用頂け […]
PAGE TOP