コンセプト - 山口市大内千坊(山口県)のメガネ店 | メガネのふくだ

コンセプト

メガネのふくだ では、 視力測定・加工・フィッテイング調整、という、 メガネの全工程を認定眼鏡士である店主が、 責任をもって行っております。

メガネはモノの見え方を補ってくれるアイテム(ツール)です。 また、当たり前ですが、どこで作っても同じという訳ではありません。 子供も大人も、個人個人、見え方の基準は、人それぞれ違います、 ご自身の”見えている感覚”が基準なのです。 そうした、ご自分の見え方に本当に合う、満足できるメガネは、作り手側がお客様の見え方を理解しないとできません、それには、お客様とのコミュニケーションが必要不可欠なのです。 当店では店主自らが接客しアドバイスさせて頂きます、視力測定の後、レンズを紹介。フレームを選んで頂きます。その後、お客様が選ばれたレンズとフレームの相性を見ながら最適なかけ心地になる様、考えます。例えばレンズの厚みを薄くする為に、どのように加工すればレンズの収まりがBestになるのか?アイポイントとレンズの中心は合っているか?など複数の工程をチェックしながら仕上げ、お渡し時に、視え具合に間違いはないか?掛け具合は良いか?などの最終調整までを責任をもって(当たり前ですが)決して手を抜かずに行っております。

「最新のメガネ技術&素材が反映された、 日本人の顔の形状に合う、メイドインジャパンの、フレームを一本一本、厳選して仕入れています」

フレームは顔の一部です。あなたの代名詞になるのです、だからこだわりましょう。 メガネのフィッティング(掛け具合調整)の基本はフレームが”鼻”と”耳”にあたる部分。この両方の、かかり具合や当たり方、バランスが保たれて初めて正確な視力補正ができるのです。 人の顔の形状は千差万別、基本的に左右非対称です。 眉毛の位置や耳の高さ、目の位置などが右と左でそれぞれ違っていたりします。 その為、顔に直接フレームがあたる”パッド(鼻)”と”テンプル・先セル(耳)”といった部位が調整が出来なければ視力補正の為のツールとしての効果が十分発揮出来なくなります。 いくら流行ブランドだから、デザインがお洒落だからといっても、この基本が出来ていなければ当店では仕入れません。そして、万が一、フレームが破損したりしても修理対応ができる、安全安心の日本製のメガネをご用意しております。 是非、当店の選りすぐりのフレーム中から、ご自身に合う究極の逸品を見つけて下さい。

最先端技術を応用したメガネレンズを多数、 ご用意しております。あなたの視力を引き出す為の、 最適なレンズを選んで頂けます。

視えることを楽にしてくれるメガネはレンズが命。 レンズを選ばれる際、ご年配の方がよくこうおっしゃいます、 「昔から“一眼二足”とよく言うくらいに目は大事ですよね、、だからレンズは良いものをお願いします。」と。 一眼二足は剣道の世界で用いられる言葉“一眼二足三胆四力”から来ていると思われます。 剣道(武道)で用いる本来の意味とは違うかもしれませんが“視ることは一番大事”ということに関して同じという意味で正しいと思います。 当店のメガネレンズ”おススメ”ラインナップには、カメラで有名なNikonをはじめ、HOYA、東海光学、日本レンズ、など幅広い取り扱いがございます。この中から、その都度、ご要望に応じたeyeパーフォーマンスが展開できるレンズをご案内致しております。

高品質な見え方を体感できます

メガネレンズはその方のライフスタイルや目的によって選ぶ必要があります。例えば遠近両用、中近、近用ワイド、疲れ目サポート、etc…と様々です、どんなレンズがご自身にとって最適なのか、当店ではトライアルレンズをご用意しておりますので、実際に見え方を体感して頂くことができます。レンズが織りなす視空間を体験する事で出来上がりのメガネの見え方をイメージし易く、よりスムーズにかけこなす事が出来るようになるのです。

メガネのふくだのサービスについて

視力測定

ご自身の感じている見え方の不満をお伺いした後、楽にモノを見続ける事が出来るようになる為に必要なテストを行います。

眼鏡作製技能士について

メガネのプロである眼鏡作製技能士についての詳細です

レンズの調整・加工

QOV(クォリテイ・オブ・ビジョン)を上げるためのレンズ加工と調整について 最新の技術を用いたフレームの形状に合わせたレンズメーカー対応の、 オーダーメイドメガネレンズ(=玉型加工)を取り扱っております。 ※玉型加工=ipadのアプリケーションを用いてお客様がフレームを掛けられた時の、 眼の中心を正確に計測するなど、得られた数多くのデータを基に、度数に応じて、レンズを最適な薄さや形状に仕上げる加工システム

フレームの調整

メガネフレームのフィッティング(掛け具合)がきちんと合わないと、 レンズの中心がアイポイント=(目の中心)から外れるのでパフォーマンスが上がりません、 左右非対称である人の顔の形状にマッチするように、クリンクス(=鼻を支える位置)や、 鼻パット(=鼻に直接あたる部分)の調整、耳に掛かるかかり具合の調整などを丁寧に行います。 ※メガネは基本的に鼻と耳の二か所で支えています、このポイントが合っていないとズレを生じます。

補聴器の販売

オーダーメイド補聴器他、取り扱い補聴器と上手な使い方

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 失敗しない子供のメガネフレーム選び (0歳~3歳まで)失敗しない子供のメガネフレーム選び (0歳~3歳まで) 子供の弱視用メガネに限らず、メガネはレンズの中心を目の中心(=アイポイント)に合わせて作りますからお子さんの目の中心とフレームの玉幅の中心を一致させることができる物を選ぶのがベストです。なのでフレームを選ぶ際には、 第一に顔幅に対して枠の大きさがあっているかどうか? をみるようにしましょう。0歳からの乳幼児の場合、36ミリから38ミリのサイズであればマッチすると思いま […]
  • 秋にピッタリの脳トレとは?秋にピッタリの脳トレとは? 視える事で脳は活性化されます 目と脳はつながっています、 目は脳の出先機関とも言われ、 脳を活性化させるスイッチの役目もしています。 ものが見えなくなると脳は脳としての働きを、 十分にしなくなり、にぶくなってきます。 見える事をおろそかにしていると年を取るにつれ、 物忘れがひどくなる傾向があるともいわれています。 老若男女を問わず視力が悪いのを、 そのままにしておく= […]
  • 遠くが見えても近くが見えない子供のためのメガネ遠くが見えても近くが見えない子供のためのメガネ 以前、遠くは見えても近くが見えない子供さんが増えていますという事を書きました。 その記事にアクセスをされ、お問い合わせを頂いたお客様がいらっしゃいまして、 メールでやり取りをさせて頂いた後、ご来店され、 […]
  • ”メガネのふくだ”は30周年!”メガネのふくだ”は30周年! 【開店30周年を迎えました!】いつも”メガネのふくだ”をお引き立て頂きまして、誠にありがとうございます。本日、令和4年(2022年)10月4日、おかげさまで、“メガネのふくだ”は30周年の節目を迎える事ができました。(※平成4年(1992年)10月4日に前身である”メガネのふくだ大内店”として開店)昭和41年(1966年)3月1日の道場門前店の開店より数えますと、56年となり […]
  • 子供のスマホ利用子供のスマホ利用 子供のスマホ利用ブルーライトよりも怖い問題とは? スマホは便利なツールです スマートフォンは現代人にとって欠かすことができないものとなりましたが、 成長過程の子供に影響は無いのでしょうか? スマホ自体まだ登場して日も浅いこともあり判っていない事もありますが、 現時点での影響については次の事が言われているようです。 まず最初に、スマホは発光体つまりそ […]
PAGE TOP