”メガネのふくだ”へようこそ!

★メガネを掛けてこんなお悩みありませんか?★

/メガネをかけると頭が痛い/

/ものを見続ける事ができない/

/見えにくいのを我慢している/

/モノが二重に見える/

/右と左の見え方が違う/

/両方の目でみるより片眼で見る方が楽/

/肩こりが酷い/

/近くを見て遠くを見るとぼーっとしてピントが合わない/



★目がきちんと見えてないことは自分では気づけない!?★

他の人はどんな風に見ているか?代わりに見ることはできませんよね?

他の人の見え方を共有できないことからわかるように、

きちんと見えてないことは自分で気づくことは難しいのです。

専門家の目線での確認が重要です。

・子供のうちに視力補正しておかないと取り返しがつかなくなる可能性

人の身体の機能は使える時に使わないと使えなくなります。

目も一緒で使わない機能は退化してしまいます。

できるだけ早いうちから正しい見え方になるような調整が重要です。


★目の見え方は日々変化するので継続的な調整が重要★

目の見え方は実は日々変化します、見え方は日々変わるので定期的なチェックが必要です。

専門家の診断をもとに、継続的に正しい見え方に調整していく姿勢が重要です。


★”メガネのふくだ” の 取り組み★

・きちんと視力測定します

・お客様の見え方をもとに楽に見続ける事が出来るメガネをご提案します

・かかりつけオプティシャンとして、あなたのメガネとその見え方についてご相談を承ります

”視え方”にあったメガネは脳にやさしい

子供の弱視メガネ

弱視と診断されたお子さんのメガネを選ぶときにどうすればいいのでしょうか? 弱視のお子さんの場合、メガネをかけて、 視力を発達(=脳の順達経路の発達を促す) させることが目的なのですから、常に脳に正確な情報(=鮮明な映像)を送り続けなければなりません。

M-POS 無色のレンズで目を癒す

M-POSレンズは、グレアやハローなど、不快感を覚える、 まぶしい光の刺激を抑制し軽減してくれる無色のメガネレンズです

認定眼鏡士とは?

「認定眼鏡士」はメガネ関連では唯一の、 内閣総理大臣認定の公益団体に属する技術者なのです。 またお店に在籍している事で消費者の方が、 安心してメガネを購入できる、 目安としての制度でもあります。

Recommended Glasses

Glasses of Small Talk

遮光メガネとサングラス

遮光メガネとサングラス

濃い色のサングラスをしていて見えにくいと感じた事はありませんか? まぶしいので濃い色のUVカット付きのサングラスをかけたけど、 なんとなく見えにくいような気がする.... こんな経験ありませんか? 理由はコレ

HEVとその影響

HEVとその影響

HEV(=ブルーライト)は第3の紫外線とも呼ばれ、 降り注ぐ日差し(=太陽光)に含まれている 高エネルギー可視光線(=High Energy Visible Light)のことで、 高周波数側の光、波長で言えば、 380ナノメーター~530ナノメーターの 紫から青色の光を指します。

遮光メガネ

遮光メガネ

網膜色素変性症や加齢黄斑変性を患ったり、 白内障の手術前後にその症状が現れやすいとされる、 ”まぶしさ” この”まぶしさ”を感じる方に有効だとされているのが、 遮光メガネといわれる特殊カラーフィルターレンズを使用したメガネです。

ゆめタウン山口斜め向かい。逆さメガネの看板が目印の”メガネのふくだ”では子供からシニアまで、その方のライフスタイルにあった快適なメガネをコミュニュケーションをふまえながらご提案しております。

営業時間 AM9:30~PM19:00 (令和元年より閉店時間変更)

定休日 木曜日

℡083-920-1008

P(駐車場)有 6台

〒753-0251 山口県山口市大内千坊五丁目1番8号

※山口市の住居表示変更に伴い、平成29年2月18日より、
  表示変更されました。

  旧住居表示:(〒753-0214 山口県山口市大内御堀上千坊1942-4)

SiteLock