認定眼鏡士とは? - 山口市大内千坊(山口県)のメガネ店 | メガネのふくだ

認定眼鏡士とは?

certified_optician

消費者の方が安心してメガネを購入できる目安としての制度

(※公益社団法人の日本眼鏡技術者協会で定められていた、 「認定眼鏡士」制度は2001 年にスタートし、

2022 年3月末で終了し、新たに眼鏡作製技能士へと移行しております。)

認定眼鏡士について

メガネ関連では唯一の、 内閣総理大臣認定の公益団体に属する技術者です。

またお店に在籍している事で消費者の方が、 安心してメガネを購入できる、 目安としての制度でもあります。

メガネは、単によく見える、お洒落だけではなく、 使用し続けても疲れず快適・‥など様々な条件が、 備わってこそのモノ。 あなたの大事なeye-lifeを守ってくれる、 唯一無二のツールとなります。

それだけに適切な視力測定、使用目的はもちろん、

    • レンズ選定
    • フレーム選び
    • フイッティング調整
    • レンズレイアウト

etc など専門的で複雑な技術が必要となるのですが、 お店の外観や、

メガネ販売者の見た目だけでは、 判断はできません。 そこで、一般の方々にわかりやすくした制度が、

公益社団法人の日本眼鏡技術者協会による、 「認定眼鏡士制度」なのです。

認定眼鏡士の標準等級(SS級)の資格を取るためには、

  1. 3年制以上の眼鏡学校卒業生で、眼鏡学校の行うSS級認定試験に合格した者。(4年制通信課程修了者を含む)
  2. (公社)日本眼鏡技術者協会が行うSS級認定眼鏡士試験に合格した者
  3. S級取得後、本ガイドラインの定めるSS級への進級条件を満たした者、又は(公社)日本眼鏡技術者協会が行うSS級認定眼鏡士試験に合格した者

この内、何れかの条件を満たさなければなりません、

受験資格を得る為には所定年数の眼鏡実務経験が必要となります。

つまり、 1年やそこらメガネ店で勤務しても、 受験資格すら得られない制度なのです。

しかも、 認定眼鏡士の資格有効期間は3年間のみ。

資格維持のためには生涯にわたって、 教育受講の回数が定められており、

規定回数を満たさなかった場合は、 資格を喪失する事が決められています。

ですから、 お店に、認定眼鏡士が在籍しているかどうかで、 きちんとしたメガネができるか否か、

消費者の方が判断出来る目安になる訳です。

あなたの大事なメガネを作る際には是非、 お店に認定眼鏡士が在籍しているかどうかを、

確認されるのをお勧めします。

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 失敗しない子供メガネの選び方失敗しない子供メガネの選び方 ~子供のメガネ選びで失敗したくないとお考えのママさんへ~失敗しない子供のメガネ選びで一番大事なポイントは、”喜んで掛けてくれるかどうか?””視えることの役にたっているかどうか?”なんです。子供がかける(=使う)メガネを扱うには、それ相応の専門の知識と経験が必要になります、ママやパパがメガネユーザーであったとしても、大人がかけるメガネとは違うという認識が必要です。 【価格で選 […]
  • 簡単にできるセルフ老眼チェック!簡単にできるセルフ老眼チェック! レッツトライ!老眼チェック! 目の前に人差し指を持って来て指紋を見る 指紋にピントが合うまで少しずつ目と指の距離を遠ざける […]
  • 老眼とメガネ老眼とメガネ 先日あるお客様から電話で、 老眼鏡についてお問い合わせを頂きました。   「義母から老眼鏡をかけると度が進むから、老眼用のメガネを掛けるのは 出来るだけ、遅くした方が良いと聞きました。本当ですか?」   誠に申し上げにくいですが、お義母様の老眼鏡に関する認識は間違っています。 老眼は年齢を重ねてい […]
  • 学校の視力検査結果 B, C, D学校の視力検査結果 B, C, D 学校健診の視力検査は 370方式と呼ばれ、0.3、0.7、1.0の、 3種類の大きさの視力表を使って、視力を検査する方法で、 A(1.0以上)、B(0.7-0.9)、C(0.3-0.7)、D(0.3未満)という判定をおこないます。 この方法は、眼科で行われる視力検査よりかなり簡略化されたモノです、 言い換えると”大ざっぱ”です、従っ […]
  • 山口中央幼稚園での講演についての補足山口中央幼稚園での講演についての補足 山口中央幼稚園での講演(2016年11月12日)についての補足 見え方の違いを認識してもらうために用いた、 ハイブリッドイメージについて   ハイブリッドイメージ (Hybrid image) […]
PAGE TOP