メガネのふくだは山口市大内千坊(山口県)のメガネ店です。視界の専門アドバイザー 認定眼鏡士のいる眼鏡店です。

 

子供のスマホ利用

子供のスマホ利用ブルーライトよりも怖い問題とは?

スマホは便利なツールです
スマートフォンは現代人にとって欠かすことができないものとなりましたが、
成長過程の子供に影響は無いのでしょうか?
スマホ自体まだ登場して日も浅いこともあり判っていない事もありますが、
現時点での影響については次の事が言われているようです。

まず最初に、スマホは発光体つまりそれ自体が光源なので画面を直接目にする事は、
光を直視している事に成り、光に対するストレスが発生することが考えられます。

次にスマホの画面を近づけて見る行為
これには更に問題があるようです。

スマホの画面に顔を近づけて見ている時は、
片目=優位眼で画面上のモノを見ている状態になりやすく、
両眼視をしていない状況に陥りやすいのです。

片眼だけでモノを見ている状態が長く続くと、
左右の見え方のバランスが悪い状態=不同視を引き起こしかねず、
弱視とまではいかなくても決していい状態ではないのです、
寝る前に布団の中でスマホを見るなんてトンデモナイ行為だと知りましょう!

両眼視ができないと物体を立体的に捉えることがしづらくなります

スポーツに視力は重要な意味を持ちます。
目で捉えた映像が脳に伝わり、腕や足といった四肢を動かすからです。
特に球技をなさるお子様の場合、両眼視がきちんとできないと、
距離感が掴み辛い状態が常態化しますから、
目でボールを捉える事が遅れてスピードに付いていけないなど、
視空間認知機能に影響が出てプレイヤーとしての致命的な欠点につながりかねません。

たかがスマホくらいでと思われるかも知れません。

では、おたずねします。

お子さんは毎日どのくらいの時間、スマホ画面を見ていますか?
お子さんがスマホを使っている時にどの位の距離でどんな姿勢で画面を見ていますか?

ご存知なければ、一度、離れた場所から観察して見て下さい。

ツール(道具)は使い方次第

どんなに便利なツールでも使い方次第なのです。
メガネも視力をサポートするツール(道具)です。

メガネで視力がきちんと出るようにしても、
日常生活や取り巻く環境によって、目は悪くなります。
メガネをあつらえたと同時にそれまでの視環境を、
見直す事が大切なのだとご理解いただければ幸いです。

 

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • スマホ老眼にご注意を!スマホ老眼にご注意を! スマホやパソコンの画面が見えにくいと感じた事はありませんか? 自分は、若いから関係ないと思われるかもしれませんが、 次に挙げる3つの項目の内、一つでも当てはまるようなら、 スマホ老眼になる可能性があります。   移動時間や休憩時間に常にスマホをいじっている […]
  • 花粉症には目マスクが効く!花粉症には目マスクが効く! 今年も、また花粉の季節がやってきました。 花粉症は、もはや日本人の国民病と言っても過言ではなくなってきています。 中でも目のかゆみの症状がヒドイ方はとてもつらいですよね、 CMでも「目の玉、外して洗いたい!」なんてやっていますが、 メガネユーザーにとって、優れた花粉症対策があるのをご存知ですか? それが目マスク!↓ 度付き花粉対策メガネに早変わり 普 […]
  • 運転とメガネ運転とメガネ 車の運転が怖いと感じる事がありませんか? 夕暮れ時や雨降りの時、あるいは夜間のドライブ。 前が見えにくくなって車の運転が怖くなったという経験はありませんか? そういった経験をしてからは、怖いので車の運転は、 朝や昼間の明るい時にしかしない。 だから大丈夫! と言うのは運転手側の勝手な解釈です。 歩行者から見ると理不尽極まりない事です。 残念ながら、笑い話ではなく本当に […]
  • 台風10号接近に伴う臨時休業のお知らせ台風10号接近に伴う臨時休業のお知らせ ~臨時休業のお知らせ~ 台風10号の接近に伴い、9月7日(月)は、 臨時休業※とさせて頂きます。 皆様もどうか安全第一にお過ごしくださいませ。 ※尚、停電など、その後の状況によっては、長引く可能性もございます事、あらかじめ、ご了承下さいませ。 […]
  • メガネのふくだ大内店は、やまぐち子育て家庭応援優待協賛事業所ですメガネのふくだ大内店は、やまぐち子育て家庭応援優待協賛事業所です 山口県では、やまぐち子育て文化の創造を目指して、 安心して子どもを生み、喜びを感じながら子育てができるよう、 子どもや子育て家庭を社会全体で応援するために、2007年10月から 「やまぐち子育て家庭応援優待事業」を始めていました。 満18歳未満の子どもさんのいるご家庭や、 妊娠中の方のいるご家庭が、それぞれの協賛事業所が用意したサービス= 料金の割 […]
タグ: , ,
PAGE TOP