子供の脳の発達に見えることは超重要 - 山口市大内千坊(山口県)のメガネ店 | メガネのふくだ

子供の脳の発達に見えることは超重要

人が得る情報は目から入ってくるものが、
全体のおよそ80~90%もあると言われています。

目に映った映像を電気信号に変えて脳に送り、
脳が映像を情報に変えていて、それを判断し、
ほぼ無意識のうちに行動に移していってるんですね。

目は脳の出先機関(出張機関)といえる、
とても大事な器官なんです。同時に、
目(視力)の発達は脳の発育・発達にとても深い関わりがあるのです。

特にものを視る力が養われる幼少期・成長期・思春期に、
しっかりとしたケアをしておかないとその後の社会生活にまで、
影響を及ぼすことになりかねません。

お子さんの出す”見えない、見えにくい”という、

サインを見逃してしまわないように注意が必要なんです。

子供の視力は成長とともに育まれる

赤ちゃんや一歳未満の乳児の目は見えてはいますが、
遠近感や立体感(3D)を得るための視力は、
発展途上の段階なのです。遠近感や立体感が、

知覚認識できるために(感じられるようになるために)
必要なのが両眼視機能といわれるものです。

これが働き始めるのは生後一年からが目安とされていて、
6歳くらいでほぼ完成すると言われています。

このように両眼視機能は最初から備わっている機能ではありません、
生まれてから色んなものを見ていく中で育っていくものなんです。

これができていないと斜視になったりして、
弱視を引き起こすこともあったりします。
ものを視る力(=視力)自体にも同じようなことが言えます。

視力は6歳くらいで両眼で1.0程度が見えるように、
徐々に備わってくるものです。視力の発達・発育過程の途中に、
何らかの原因で目から脳に情報が届かなくなるなどの障害がおきてしまうと、

「ものを視る力」が発達せず弱視になってしまう可能性が高くなります。

 

(※お断り:この記事はKIRARI 2013年4月号に掲載した文章に加筆&修正を加えております)

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 子供にメガネをかけさせる意味子供にメガネをかけさせる意味 成績低下の抑止力の役割を担う子供のメガネ   子供の視力は変わりやすいと言われています。 これは成長に伴うものがありますので、 ある意味、仕方ない一面もあります。   だからといって必要なのに掛けさせないのは、 良くありません、良い視力を維持していく為にも 子供には、きちんとあったメガネを掛けさせましょう。   さて問題なのは、 子供にメガネをか […]
  • 正しい子供のメガネって?正しい子供のメガネって? メガネで子供の視力を適切に引き出すためには、 脳の視覚野に情報を届けるために必要な度数 条件に適合したレンズ 条件に適合したフレーム フレームを掛けた時に目の中心にきちんと適応するように加工されたメガネ 角膜との必要な距離が保たれている これらが備わっている事が必要です。 プラス メガネの掛け具合が常に一定であることがベストです。 掛け具合があっていないと視力を引 […]
  • 子供の斜視や弱視を放っておいたらどうなる?子供の斜視や弱視を放っておいたらどうなる? まず考えられるのは運動能力や学習能力への影響です。 ボール遊びが上手くできない 授業に集中できない・・ などから始まって、 運転免許証を取得できないなど、 社会生活を上手に育めなくなる可能性も出てくるかもしれません。 これを防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか? 子供のために親がしてあげられることは、まず、 3歳児検診などを受け 子供の目に起きている症状 […]
  • 子供の成長にあったメガネ選び子供の成長にあったメガネ選び 子供のメガネの場合、その成長過程において 大きく2つに分けることができます。   0歳から7歳ごろ頃まで この頃にかけるメガネの目的は 目の視機能を向上させるためのもので、主に治療用としてかけます。 視機能が発達するこの時期を逃すと、 後から眼鏡をかけても視力の向上は難しくなります。 (※詳細は子供の脳の発達に […]
  • メガネのふくだは、27周年を迎えましたメガネのふくだは、27周年を迎えました 平成4年10月4日に、メガネのふくだ大内店としてOPENして以来、 早いもので27年経ちました、顧客の皆様に支えられてここまで来れました。 感謝申し上げます、 有難うございました。   よく「月日の経つのはあっという間・・」と言いますが、 つくづくそう思います。 最初にお会いした頃にはヨチヨチ歩きの子どもさんだったのに、今で […]
タグ: ,
PAGE TOP