メガネのふくだは山口市大内千坊(山口県)のメガネ店です。視界の専門アドバイザー 認定眼鏡士のいる眼鏡店です。

 

Air Fly(エアーフライ)鼻パッドのないサングラス

Air Fly(エアーフライ)サングラス


Air Fly(エアーフライ)サングラスの
今までのスポーツサングラスにない特徴

それが

鼻パッド(=鼻あて)がないという事!

これを聞いて喜ぶ女性メガネユーザーは多くいらっしゃると思います。

「メガネを掛けると鼻に跡がついて取れなくなって、
コンシーラーを使わないと隠せないのよね…」

そんなお悩みを解決できるのがこの

Air Fly(エアーフライ)サングラスなのです。

ノーズパッドがない代わりにサイドパッドを頬骨にあてて支える仕組み、

安定性があり頭を振っても大変ズレにくい構造なんです。

鼻で支えないので空気が通り、汗をかいてもレンズが曇りにくいのも、
スポーツユーザーには嬉しいですよね!?


これだけじゃありません!
このサングラスはもう一つ、とても優れた特徴があります。

それは専用アダプターに度付きレンズを入れてレンズを差し替えることで

度付きAir Flyとして使用できるようになるって事です。


通常のスポーツタイプサングラスは、レンズカーブが強い為、
使用中のメガネの見え方との違和感を少なくする為には、どうしても、

使用できるレンズが限定されてきました。

Air Flyは専用アダプターを使う事で選択肢が広がり、見え方の違和感を減らす事が出来るのです。

もちろん度数や感じ方(=見え方)は人によって千差万別なので全ての人に当てはまる訳ではありません、

度付きAir Flyの詳細や使用感が、お知りになりたい方は是非、当店へお越しください。

何を隠そう店長は度付きAir Flyユーザーです、

スポーツジムで有酸素運動や筋トレなどを行うのに実際に使用しておりますので。

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 飛沫感染ウィルスを防いでくれた後のメガネの正しい手入れ方法飛沫感染ウィルスを防いでくれた後のメガネの正しい手入れ方法 汚れたままのメガネをかけるのは危険!? 飛沫感染ウィルスを防ぐには手洗いが基本中の基本と言われています。 外から帰ってきたら、まず、手を洗うこと! 家の中にウィルスを持ち込まない!!という事が大切。 じゃあ、今、顔に掛けてるメガネはどうすればいいの? […]
  • 遠くは見えても近くが見えない子供さんが増えています遠くは見えても近くが見えない子供さんが増えています 近見視力不良という言葉をご存知ですか? 教室で黒板の文字が見えても、 教科書やノートの文字が見えない、 子供が増えているのをご存知ですか? このような近くを見る視力が悪い状態を、 近見視力不良といいます。 近見視力不良の子供は”近く”に関しては、 ピントが合わずにぼーっとして見えています。 問題なのは、 […]
  • 飛沫感染ウィルス対策はマスクと一緒にメガネで予防するのが効果的!?飛沫感染ウィルス対策はマスクと一緒にメガネで予防するのが効果的!? マスクと一緒にメガネで予防 インフルエンザに代表されるウィルス感染症の対策には、 飛沫予防策・接触予防策を徹底することが基本的に有効だとされています。 首相官邸HPにもインフルエンザ対策が載っています。 ナゼかここには記載されていませんが、 ウイルスが付いている手指を介して目の結膜や口の粘膜から感染する可能性にも注意が必要になります。 くしゃみ […]
  • 子供が嫌がってメガネをかけてくれないという時は子供が嫌がってメガネをかけてくれないという時は 子どもがメガネをかけたくなる絵本 当店でお子さんのメガネについての親御さんからのご相談で もっとも多いご心配事が、 子供がメガネを嫌がるorかけたがらない時にはどうしたらよいか? という事です。 小学校の高学年であれば言い聞かせることはできますが、 乳幼児だとそうもいきません。 そんな時、ご紹介しているのがこちらの絵本です。 「メガネをかけたら […]
  • 子供の成長にあったメガネ選び子供の成長にあったメガネ選び 子供のメガネの場合、その成長過程において 大きく2つに分けることができます。   0歳から7歳ごろ頃まで この頃にかけるメガネの目的は 目の視機能を向上させるためのもので、主に治療用としてかけます。 視機能が発達するこの時期を逃すと、 後から眼鏡をかけても視力の向上は難しくなります。 (※詳細は子供の脳の発達に […]
タグ: ,
PAGE TOP