メガネのふくだは山口市大内千坊(山口県)のメガネ店です。視界の専門アドバイザー 認定眼鏡士のいる眼鏡店です。

 

遠くは見えても近くが見えない子供さんが増えています

近見視力不良という言葉をご存知ですか?

教室で黒板の文字が見えても、
教科書やノートの文字が見えない、
子供が増えているのをご存知ですか?

このような近くを見る視力が悪い状態を、
近見視力不良といいます。

近見視力不良の子供は”近く”に関しては、
ピントが合わずにぼーっとして見えています。

問題なのは、

本人がそういう見え方が当たり前なのだと思い込んでいる事です。

近見視力不良のお子さんの場合、
教科書の文字がはっきり見えませんから
漢字を写したりする場合に合格点がもらえません。

字の突き抜けや、
「跳ね」や「点」の違いなどが、はっきり見えないのです。

漢字が覚えられず間違ったのではなく、
自分自身が見えてた通りに書いたら☓になってしまった。
と言う事です。

残念な事に多くの場合、このような事実に、
周囲の大人も子供自身も気づかないままなのです。

算数でも同様に、位取りを間違って計算したり、
地図や辞書のように小さい文字で書かれた本などは、
更に読みにくく感じ、読み間違えをしたりと時間がかかるのです。

このように、

近見視力不良の子供は”近くがよく見えない”為に、
学習能率や作業能率がよくありません。
本当は学習能力や運動能力があるのにも関わらず、

近見視力不良のためにその能力を発揮できないのです。

子供自身も近くがはっきり見えた経験がありませんから、
視力不良のせいだとは思いません、
” 勉強もダメ運動もダメ” と、悩みながら子供時代を送り、

自分に自信が持てないまま、
大人になってしまう可能性もでてきます。

親御さんは、

『子供は遠くが見えていれば近くは見えるもの』と思いますよね?
遠くが見えるのに近くが見えていないとは思いません。
それが普通です。ですが、「もしかしたら」と思ったら、

お子さんの希望のある未来の為にも、
眼科を受診し近見視力の検査をしてもらってみて下さい。

結果が良ければOKだし、
必要ならば視力を促すメガネを作ってあげて下さい。

大事なのは、
本人が見えるようにしてあげる事です。

それによって得られるものは、かけがえのないものなのです。
 

参考文献 桃山学院大学教授、高橋ひとみ先生:著「こどもの近見視力不良」

 

 

(※お断り:この記事はKIRARI 2013年6月号に掲載した文章に加筆&修正を加えております)

※2016/7月 追記 遠くは見えても近くが見えない子供のためのメガネの記事へ

メガネのふくだ店長に聞いてみませんか?

コチラからお気軽にお問い合わせください。

メガネ・アイケアに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-920-1008

平日 9:30 - 19:00
(木曜定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 遠くが見えても近くが見えない子供のためのメガネ遠くが見えても近くが見えない子供のためのメガネ 以前、遠くは見えても近くが見えない子供さんが増えていますという事を書きました。 その記事にアクセスをされ、お問い合わせを頂いたお客様がいらっしゃいまして、 メールでやり取りをさせて頂いた後、ご来店され、 […]
  • メガネユーザー必見!デザイナーが考案したフェイスシールドメガネユーザー必見!デザイナーが考案したフェイスシールド メガネユーザーにおすすめ! 吉岡徳仁さんをご存知でしょうか? 2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火トーチをデザインした方として有名です。 その吉岡徳仁さんがご自身のHPにメガネを使ってクリアファイルなどの透明なシートから、 フェイスシールドを自作できる型紙や作り方の動画を掲載されています。 流石、超一流のデザイナーさんが考案されただけあって、 シン […]
  • 老眼とメガネ老眼とメガネ 先日あるお客様から電話で、 老眼鏡についてお問い合わせを頂きました。   「義母から老眼鏡をかけると度が進むから、老眼用のメガネを掛けるのは 出来るだけ、遅くした方が良いと聞きました。本当ですか?」   誠に申し上げにくいですが、お義母様の老眼鏡に関する認識は間違っています。 老眼は年齢を重ねてい […]
  • メガネ音痴になっていませんか?メガネ音痴になっていませんか? メガネを雑貨店で買うと損します   認定眼鏡士の居ないお店で、 “とりあえず見えるだけ”の、 雑貨メガネを購入されてる方に多いのですが、   長くかけてると、頭が痛い、 肩がこる、辛いなどの症状を訴えられ、   「自分に合うメガネが欲しい」   こう言って来店されるお客様が最近増えています。   メガネは本来、視え方をサポート […]
  • 子供が嫌がってメガネをかけてくれないという時は子供が嫌がってメガネをかけてくれないという時は 子どもがメガネをかけたくなる絵本 当店でお子さんのメガネについての親御さんからのご相談で もっとも多いご心配事が、 子供がメガネを嫌がるorかけたがらない時にはどうしたらよいか? という事です。 小学校の高学年であれば言い聞かせることはできますが、 乳幼児だとそうもいきません。 そんな時、ご紹介しているのがこちらの絵本です。 「メガネをかけたら […]

前後の記事

  前の記事
  次の記事
タグ:
PAGE TOP